引っ越しの荷造り準備

box

荷造り前にまずは梱包材を用意しなければいけませんが、どのように集めるのから調べてみましょう。

無料で引越し資材をプレゼント

引越しする時にまず用意しなければいけない資材がダンボールやガムテープなどの梱包材ですが、これら一式は現在では大手引越し業者の場合なら無料でもらえます。

見積もりに含まれているのか、それとも中古品だからタダなのかは業者確認が必要ですが、いずれにせよ後々処分するものだからもらった方が得ですね。

その他では布団袋やハンガーケースなども無料レンタルとなっているようです。
引越し一括見積もり経由で業者を決めると何かとお得になることが多いようです。

参考
引越しダンボールは無料でもらいますか?

初めての引越しだと業者にもらえるとは知らずに買ったり、
近くのスーパーに置いてある無料のダンボールをちょこちょこもらって来たりするものなので、要確認です。

大きさを揃えることが大事だと聞いたので、みかん箱限定にする事もかなり重要のようです。

そうすると荷積みが楽で、たくさん載せることができるという理由からです。

いろんな引越し業者に見積もりをしてもらいましたが、たいていどこの業者も無料のダンボールをサービスしていて、そのほうが大きさが揃い、積みやすいからということでした。

ダンボールの用意が出来たら次は基本的な荷造りのコツ

重いものは小さいダンボールへ、軽いものは大きなダンボールへ。というのはもはや荷造りの常識ですね。

ですが、小さいダンボールでも、本や雑誌を目一杯詰め込むと、相当な重さになります。(本やCD類は詰めても半分ぐらいにしておくことです。)

こういった重いダンボールを、軽いものの上に重ねたりすると潰れの原因にもなりますし、運ぶ方としても、あまりにも重いものは大変です。

私が荷造りする際は、本や雑誌はダンボールの半量しかいれません。
あとは軽めのもの、例えばぬいぐるみとか、ショッピングバッグをつめて中身が動かないようにします。

布ものは軽くてオススメなのですが、カーテンやタオルなど、すぐ使うものは、すぐ使うダンボールに入れたいので、ここでは詰めません。

また、割れ物は、新聞紙ではなくタオルや布巾で包むのが効果的です。

新聞紙だと使い終わった後大量のゴミが出ますが、タオルや布巾だとその心配はありません。

三角コーナーの不織布も割れ物を包むのに適していますよ。
柔らかく、袋状になっているので包みやすさも抜群です。

荷造りと同時にダンボールに何を記入するか?

引越しの荷物をどのようにしたら上手に運べるかは、箱の大きさを揃えることと、通し番号を付けることです。

もうひとつは、荷物を入れ替える時の紛失を避けるために、ダンボール全部に、名前、引越先住所、電話番号、通し番号、荷物の内容を書き込んだ紙を張りました。

通し番号を書くと、途中の番号が抜けていたときに分かりやすくなるからです。

荷物が他のトラックに紛れ込んだ時に、名前と住所と電話番号が書いてあれば、引越し業者にも分かりやすく、届く可能性が高くなるからです。