仕事の延長から趣味が始まる

photo

以前、映像を取り扱う仕事をやっていました。

 

それまでビデオカメラや一眼カメラを使用した経験が無く、入社した当初は知識がない為、満足の行く映像を取ることが出来なかったのですが、
一年が過ぎたころ、技術的な進歩を自分でも実感出来るくらいになり、思い切って機材を自身で揃えることにしました。

 

そのころから映像を取ることがとても楽しくなり始め、
友人の結婚式に招かれた際に写真撮影を頼まれたので自慢の機材を持ち写真を撮って周り、

 

式が終わり、その写真を新郎新婦に見せたときにとても喜んでもらえたのがとても嬉しかったです。

 

 

それから、SNS上でも自身が撮影した写真をアップする様になり、同じく写真を趣味とする友人達との交流が増え、この趣味を初めて本当によかった実感しました。

 

 

仕事の延長で始めた趣味ですがプライベートがとても楽しくなり、仕事でも自身の機材を使用しているということからやる気も上がり更に技術に研きを掛けています。

 
近年、一眼カメラも昔と比べ安く購入できる様になり、写真を趣味にする人が増えているとどこかで聞いた事があったのですが、

景色や建造物、友人や家族を撮影し、思い出としていつまでも残せるこの趣味は沢山の人に是非とも始めていただきたいと私は思っています。

 
皆さん一眼カメラやビデオカメラで友人や家族等の思い出写真を撮影してみてはいかがでしょうか?